教育費は平均1000万円!貯金と学資保険どっちで貯めるのが得?

こんにちは。主婦向けお金の貯め方アドバイザー”ななくさ ふみこ”です。
前回まで、中学生以下のお子さんをお持ちの方におすすめの貯金方法をお伝えしました。

小さなお子さんをお持ちの方が気になる貯金の一つに、教育費の貯金があるのではないでしょうか。

今回は、子どもの教育費を貯める方法として貯金と学資保険どっちが得なのか?と言うお話をします。

最初に大きな違いを話しておくと、学資保険であれば契約者に万が一の事があった時に「保険料払込免除」システムで、その後の教育費を保険会社が払ってくれるという事。

では、それを踏まえて教育費について考えてみましょう。

子どもの教育費っていくら必要?

教育費は、公立の小学校や中学校ではあまりお金がかかりませんが、高校生以降になると大学進学に向けての塾代や大学受験費用など相当な額のお金が出ていきます。

子どもの教育費(平均)

小学校(公立) 中学校(公立) 中学校(私立) 高校(公立) 高校(私立) 大学(公立) 大学(私立)
1年間 32万円 48万円 134万円 40万円 100万円 135万円 173万円
在学中の合計 192万円 144万円 402万円 120万円 300万円 540万円 692万円

*文部科学省『子供の学習費調査(平成26年度)』
*大学は、文系で自宅通学の場合

表にしてみましたが、小学校から大学までトータルで計算すると、すべて国公立の場合でも約1,000万円も教育費がかかります!

そんなお金、、どうやって貯めるの・・・

と、途方に暮れてしまいそうですが、毎月の生活費からある程度は用意できるとはいえ、結構な金額ですよね。

学資保険とは?

そこで、学資保険が気になられている方もいるのではないでしょうか?

学資保険とは、子どもの教育資金を貯めることを目的に作られた生命保険のことです。

毎月保険料を支払い、大学進学前にまとまった保険金を受け取ることができます。

あれ?学資保険は貯金と同じじゃないの?

そう思われた方もいるかもしれないですが、

学資保険は、貯金のようなものであって、貯金ではないんですよ!

学資保険の正体は生命保険

学資保険は、れっきとした生命保険です。

学資保険は、お父さん(またはお母さん、祖父母でもOKの商品も)が契約者になって、毎月保険料を支払っていきます。

そして、満期が来ると、満期保険金といってまとまったお金が支払われます。
ここまで聞くと、『あれ?毎月貯金で積み立てるのと一緒じゃん』て思いませんか?

契約者死亡時は保険料を払う必要が無くなる

学資保険のすごいところはここからなんです。

契約者が万が一のとき、学資保険の保険料を支払う必要がなくなるんです!

けど、満期保険金はきっちり受け取れるんです!

そう、銀行で積み立てをしていたら、万が一のときには積立ができなくなってしまうか、亡くなった契約者の代わりに誰かが積み立てを継続しないといけないですよね?

学資保険は、契約者に万が一のときには保険料払込免除といって、保険料がタダになっちゃうすごい特典があるんです。

保険会社が代わりに教育費を貯めてくれる

だって、万が一お父さんが死んだら・・・お母さん一人で子どもを育てないといけなくなります。

母子家庭にはいろんな公的な扶助があるとはいえ・・・母子家庭の生活は苦しいという統計もあります。

しかし、学資保険に加入しておけば、万が一のことがあっても子どもの教育費は保険会社が代わりに貯めてくれるので、生活にゆとりが出ます。

お父さんに万が一のことがあっても、子どもの教育のチャンスだけは遺してあげたい

そんな想いがつまっているのが、学資保険なんです。

学資保険は良いことだらけ?デメリットは?

いいこと尽くしの学資保険、でも実はデメリットもあるんです。

そのお話は次回に。

お読みくださりありがとうございました。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ななくさ ふみこです。 2015年に妊娠・結婚・出産という人生のターニングポイントを一気にやっちゃいまして、現在1歳になる男の子の母です。 ファイナンシャルプランナーとして、家事の合間に学べてしまうお金の貯め方のアドバイスもしています。