児童手当を有効活用!月1万円の学資保険の失敗しない選び方!無理なく貯めるコツ

こんにちは。主婦向けお金の貯め方アドバイザー”ななくさ ふみこ”です。

中学生以下のお子さんのいるご家庭ならみんなもらっている児童手当、これを活用してしっかりお金を貯められる方法があるのをご存知ですか?

児童手当は、子どもが1人であれば、

0歳~3歳で毎月15,000円

3歳~中学校終了までで毎月10,000円

受け取ることができます。

(所得が一定以上であれば毎月5,000円)

3歳から支給額が変わるとはいえ、中学校卒業までの15年間で少なくとも毎月10,000円を受け取ることができます。

そこで、毎月10,000円程度の保険料で学資保険をかけるのをおすすめします。

保険料は10,000円~15,000円で収まる程度に

毎月の児童手当を有効活用するには、児童手当の金額以内で保険料を設定するとストレスなくできます。

3歳以降は児童手当の金額が下がるため、『家計から5,000円学資保険にあててしっかり貯めたい』という方は、保険料を毎月15,000円程度になるようなプランにすると良いでしょう。

『児童手当全部を学資保険で積み立てるのはちょっと・・・』という方は、保険料が毎月10,000円程度になるようなプランにするとよいでしょう。

保険料の払い込みは中学卒業まで

学資保険は、保険料の払い込み期間によって保険料がかわります。

児童手当は中学卒業と同時になくなるので、学資保険も中学卒業くらいで保険料の払い込みが終わるプランにすると、児童手当の支給がなくなっても保険料支払いに困ることはないでしょう。

保険料は年払いで

保険料の払い方は、毎月保険料を支払う『月払い』と、年に一回1年分の保険料を支払う『年払い』があります。月払いに比べて、年払いの方が、保険料が少し割引されます。

ほんの少しですが、保険料が安くなるんです。

するとどうなるのかというと・・・返戻率が上がるんです。

少ない保険料で、たくさん戻ってくることになるのです。

ただし、年払いだと、1年に一度、まとまった金額が口座から引き落とされるので引き落とし日には注意です。

学資保険の保険料振替口座は、学資保険を貯めている口座(または、学資保険が振り込まれる口座)に設定しておくと安心ですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

こんにちは!ななくさ ふみこです。 2015年に妊娠・結婚・出産という人生のターニングポイントを一気にやっちゃいまして、現在1歳になる男の子の母です。 ファイナンシャルプランナーとして、家事の合間に学べてしまうお金の貯め方のアドバイスもしています。